プラスチック新法とは?バイオマス&リサイクル原料を使用したプラスチック素材のご紹介!

コラム

皆さんこんにちは。ホテルアメニティ・業務用品通販サイトのDCアメニティです。

ついに来年2022年4月より「プラスチック資源循環促進法」が施行されますね。
企業の皆様においては既に対策をすすめている、今から対策を考える、ニュースで見て何となく知っているなど状況は様々かと思います。

そこで今回は改めてプラスチック資源循環促進法を分かりやすく解説するとともに代替案として注目のエコプラスチック素材のご紹介をいたします!

DCアメニティでは持続可能な消費を目指すため、環境に優しいプラスチック素材を使用した袋類や販促品の開発を推進しております。たとえば「カラオケのマイクカバーをエコ素材にしたい!」「製品サンプルをエコ素材パッケージに詰めてPRしたい!」などお客様のご要望に寄り添い、形にさせていただきますので是非お気軽にご相談ください。

1. プラスチック資源循環促進法とは?罰則はあるの?

買い物をすると無償で配られるストローやスプーンといった使い捨てプラ製品を減らすため、事業者は削減目標を設定し有料化や再利用などで使用料を削減する必要があります。

また、年5トン以上(アメニティでよくある24穴歯ブラシ3gチューブなら28~35万本ほど)使用する事業者に対して有料化再利用などの対応が義務化されます。これらは6月に成立した「プラスチック資源循環促進法」に基づいた措置で、2022年4月から施行予定です。

特定プラスチック製品を使用する事業者が十分な対応をしなかった場合には、法案第30条第1項に基づき必要な措置を取るよう勧告することができ、その勧告に従わない場合には、事業者名を公表されてしまうそう。

それでも従わない場合には勧告した措置を講じるよう命令、最終的に命令に従わなかった場合についてはなんと50万円以下の罰金に処すとのこと。

うーん、厳しいですね。

2. 事業者別!取り組むべき対策7つ

このプラスチック資源循環促進法に基づいて削減すべき12品目と企業に求める対策が先日公表されました。

削減を求められるのはコンビニや飲食店が無料で出すスプーン、ストロー、マドラーといったカトラリー類、ホテルのアメニティーのヘアブラシや歯ブラシ、クリーニング店のハンガーなど。

対面販売・サービスだけでなく、インターネット通販や配達も同様に規制とのことです。

削減すべき特定プラスチック製品12品目と対象事業者とは?

小売り、飲食店

フォーク、ナイフ、スプーン、マドラー、ストロー

宿泊施設など

ヘアブラシ、クシ、カミソリ、歯ブラシ、シャワーキャップ

クリーニング店など

ハンガー、衣類用カバー

上記12品目に対して7つの対策から最低一つを実際に取り組むこと

・有料化
・断った場合にポイント還元
・繰り返し使える製品を提供
・消費者への意思確認
・回収し再利用
・軽量化や代替素材への切り替え
・商品やサービスに見合った大きさの製品を提供

代替素材への切り替えとありますが竹や木でできたスプーンや歯ブラシ、繰り返し使えるような備品はかなり割高になってしまいます・・・環境のためとはいえ事業者や利用者に負担がかかってしまう取り組みは持続不可能ですよね。

そこで、今までのように使用できてかつコストも低い「エコプラスチック」を使用するのがおすすめです!

3. どんなエコプラスチックがある?リサイクルやバイオマスのメリット・デメリットは?

DCアメニティにてご提案できるエコプラスチック素材については、リサイクルポリエチレン(再生原料)や、バイオマスプラスチック(サトウキビなどの生物資源)などがございます。

安心して長期ご使用いただけるよう素材それぞれのメリット・デメリットを解説いたします。

リサイクルポリエチレン

リサイクルポリエチレン(RePE)は、一度製造したものを収集(プレコンシューマー)し原料に戻したもの(再ペレット化)を使用しています。循環型社会の形成に重点を置き、CO2排出を削減することができます。

RePEを100%使用し新たな石油資源を全く使うことなく製品を制作することも可能!
混入率もお選びいただけますので予算や削減目標に合わせてお作りいたします。

メリット:コストが安価、新しい石油資源を使用しない
デメリット:印刷適正△(生地の着色は◎)

以下のマークを表示することができます。

バイオマスプラスチック

現在弊社で取り扱いの「バイオマスプラスチック」は非分解の植物由来プラスチックです。食料との競合が発生しにくいサトウキビ、トウモロコシを主な原料としております。(もちろん自然破壊にも繋がりません)

生分解するグリーンプラと比べ強度・耐久性がありつつ、CO2削減・石油資源の削減に貢献できる、まさにいいとこ取りの素材といえるでしょう。

メリット:印刷適正・生地の着色ともに◎、バイオマスマーク記載可能、カーボンニュートラル
デメリット:コストは比較的高い

以下のマークを表示することが出来ます。

通常のポリエチレンと比較したエコプラスチックまとめ

上記表は袋を製造した場合の一例です。厚みや混入量によりコスト等の変動がございます。

4. エコ素材を使用したアメニティ備品一例

リサイクルポリエチレン、バイオプラについてご説明したところで、当店取り扱いのエコ仕様アメニティグッズを一部ご紹介いたします。

これらの他にも旅館やカラオケ店で使用する「マイクカバー」「DM用封筒」など多種多様な備品をリサイクルポリエチレンやバイオマスプラスチック、FSC認証紙などのエコ素材でお作りすることが可能ですので是非お気軽にご相談ください。

バイオプラ使用のエコ歯ブラシ

本体にコーンスターチ、食用外のお米などを使用し、石油資源の節約につながる使い捨て歯ブラシのご紹介です。歯ブラシは特定プラスチック12品目にも含まれていますが、代替素材&軽量化デザインの製品を使用することによってゲストへの負担を最小限に抑えられます。

もちろん、個包装パッケージにエコ表記もございますので、企業イメージアップにもつながります。

バイオマスプラスチックを使用した袋類

毎日取り替える衛生用品こそエコ素材を使用したものを…バイオマスプラスチックを使用しつつコストをぐっと抑えました。これらシリーズの製品は、財団法人緑の地球防衛基金を通じて地球環境の保全に協力しています。

この他にも回収ペットボトルを25%使用した不織布製の「靴磨き」や牛乳パックのリサイクルパルプ50%使用した「サニタリーペーパー」など、地球環境に優しく衛生的な消耗品シリーズを取り揃えております。

面倒な詰め替え作業も時短!エコシャンプーシリーズ

「詰め替え」から「差し替え」へ。従来のパウチに代わる新発想の紙容器で簡単&スピーディーな詰替が可能。詰め替えパッケージの原料は石油由来ではなく紙。紙は、植林で増やせる再生産可能な資源です。従来のパウチ容器と比較して、樹脂使用量を約25~40%削減できます。

保湿効果のある「植物エキス」や「チャ葉エキス(保湿成分)」を配合。「フローラルフルーティー」の香りがいたします。人にも環境にも優しいシャンプーシリーズです。

5. 企業がエコ活動及びSDGsに取り組むメリットとは

これらのバイオマスプラやリサイクルポリエチレンを使用し、日本国内において2030年までに2013年比にてCO2を26%(3.4億t)削減する方針です(内、約200万tをバイオマスプラの普及により、プラスチック焼却関連から削減)

「SDGsや新法案については何となく知っているけど、腰が重い…」「今まで使用してた製品から切り替える勇気が出ない…」という方にも、プラ削減への第一歩を踏み出せるようSDGs目標を掲げるメリットの一部をご紹介いたします。

企業イメージの向上

SDGsに積極的に取り組んでいることが消費者や取引先に伝わると、企業イメージがアップし売り上げや受注の増加も見込まれます。入社を希望する人材も集まり、採用活動も進みます。

生存戦略

企業イメージが上がれば取引や資金調達も進みやすくなります。

ビジネスチャンスが広がる

社会貢献を目的に、他業者や行政などからコラボレーション企画の話も寄せられやすくなります。企画を進める中で、新しいビジネスが生み出される可能性もあります。

投資家との関係性向上

環境や社会に配慮することが大きなリターンを生む」という視点が投資の世界でも浸透しているため、投資家からも注目を集めます。

地域住民から愛される企業へ

イメージの良い企業が立地していると、地域住民からも愛着を持たれます。

社員のやる気・モラル意識の向上

「自分たちの取り組みが持続可能な社会の実現につながる」という認識が社員の間に根付き、やる気にも影響を与えます。

PRコスト削減

企業イメージや知名度が上がることで、PRコストなどをかけなくても済むようになります。社員のやる気向上の効果により人材流出が防がれるため、採用にかかるコストも削減できます。

まとめ

いかがでしたか?2022年からはプラスチック資源循環促進法と共にSDGsにおける17の目標を取り入れ、環境への取り組みと企業としての責任感をしっかりと顧客にアピールしていけたらいいですね。(しかもこれらに取り組むのは早ければ早いほどメリットが大きくなります!)

DCアメニティでは、エコプラスチックを使用したCSR商材の他にもバイオマスインキ、再生紙、エコ繊維を使用した地球環境に優しいアメニティ商材を多数取り揃えております。

ホテルや旅館などの宿泊施設をはじめ、ネットカフェやカラオケ店などのアミューズメント施設、老人ホームなどの介護福祉施設や、飲食店、美容業界など様々な業種の企業様が手軽にご利用いただけるエコ商品を今後も積極的に入荷してまいりますので、商材のリクエスト等ございましたらぜひお気軽にお尋ねください。

お問い合わせ先

お問い合わせ・お見積り専用フォーム

TEL:056-684-5040
Mail:dcsupport@amenity-s.net

DCアメニティのエコ商材は以下バナーからご注文いただけます

コメント

タイトルとURLをコピーしました